これは非常に社会の役に立つ取り組みだと思います。
大災害にあった「岡山県 真備町」だったかは忘れましたが、よくニュースで見るのは、「ハザードマップ」を知らない・見たことがないというインタビュー。

 

確かに一方的に「ホームページを見て」というやり方では、これまでの国民側の怠慢も許されますが、今回の取り組みを全国でやれば、これまでの国民の怠慢は許されません!

 

重要なのは、全てを国や自治体に任せ、批判するのではなく、国民側も自分達で考え行動することだと自分は思います!(そのうえで、国が間違っていれば、批判し提案すればいい)

仙台防災タウンページ1-1

仙台防災タウンページ1-2

仙台防災タウンページ1-3

※最後の画像は、仙台市の広報誌で見つけたものです。仙台市では平成29年から実施しているようですが、こういう事こそ、国が支援し、一刻も早く全国の自治体で実施してほしいと思います