色んな提案しています!(ワンコイン提案は好評のうち終了とさせていただきます。ありがとうございました) ・・・多忙につき資料割愛中 ■新発想のイラストも最近提供するようになりましたので、そちらもヨロシク(イラストサービス)

●テニス総括●

  • HOME »
  • ●テニス総括●



テニス(特にウインブルドン)では、本当に多くの発見・新システム・最先端を感じるので、今回まとめてみることにしました♪

 

■ビデオ判定(チャレンジ)制度■

テニスが最初だと断定できませんが、少なくとも超メジャーなスポーツ大会では、テニスが初の導入だと思います

 

 

■暑さ対策■

サッカーワールドカップでもロシアかブラジルから導入(試合を中断して給水タイム)されましたが、テニスの方が早かったと思います。ただし、テニスの場合は色んな方法でやっていて、まだまだ改善の余地があります(サッカーもですが)

 

 

■男女平等■

これも超メジャーなスポーツ大会で、賞金額(3億円以上:グランドスラム)で男子と一緒だし、何でもかんでも男女平等と言う人がいますが、セット数も女子の体力(身体能力)も考えてだと思いますが3セットマッチとなっています。
また2019女子サッカーワールドカップでは、優勝したアメリカ代表ラピノ選手が男子との「お金」の格差を、観客も巻き込んでかなりアピールしてましたが、個人的には需要と供給の問題で、まだそこまでの必要性・価値はないだけだと冷静に分析します。日本のテレビ中継でも分かるように、地上波で、なでしこの試合のみしか放送はありませんでした。男子は決勝はもちろんかなりの試合数を地上波で放送しています。

 

 

■試合時間■・・対策は遅いですが、色々と改善されています

・少し前まではエンドレスに続いていましたが、この数年で最終セットにもタイブレークを導入しました。2019ウインブルドンもまさに、「フェデラーVSジョコビッチ」がこの制度をフルに戦いつづけ約5時間でした
・以前の大会(グランドスラムかATP1000か忘れた)で、サーブを打つまでの時間制限もやろうとしてましたが、2019ウインブルドンでは見なくなりました

 

 

■ボールパーソン(ボールボーイ・ボールガール)への給水■

以前も投稿してましたが、2019ウインブルドンでしっかり証拠をおさえました(前回の画像も)。少なくとも自分は一番下の彼らにもここまで配慮しているスポーツは見たことがありません。そしてプロフェッショナルの意識が一番高いと思います。それと正反対なのが野球のような気もしますが、それはそれで野球らしさのような気もします

テニス 給水2019テニス給水1

 

■女性審判(主審)■

男子の試合に女性が主審をしていました。もしかしたら、他のスポーツでもあるかもしれませんが、今回ちょうど気づいてしまったので。

テニス 女性審判2019

 

 

—————————————————

◆2019年 ウインブルドン 個人的総括

決勝は「フェデラーVSジョコビッチ」の激闘となりましたが、内容的にはフェデラーでしたが、ジョコビッチの底力がやはりすごい。いつもながらのフェデラーへの大声援に負けることなく、チャンピオンシップポイントをとられても諦めない。
ただし、ジョコビッチに数年前のフェデラーすら圧倒した無敵・無双状態の絶対王者感はなく、これでいてくれれば、テニス界は面白くなります。また引退したと思ったマレーが、引退していないみたいなので、またBIG4の時代がくるのかも?
しっかりしろ若手、中堅! ベテランに負けるな!

 

女子は「ハレプVSS.ウイリアムズ」でしたが、ハレプのしつこさにセリーナが集中力を一気に失くした感じがします。2セット目の最初の方で大声をあげて気合を入れ直しましたが、その後も変わらずハレプの完勝。 まさに大阪なおみも似ていて、普通に強い球を深く返していれば、勝てると思うんですが、メンタルの波が大きい。 だから大阪も本質はメンタルの安定だと思っています。

 

PAGETOP
Copyright © 提案JAPAN(提案ジャパン) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.