色んな提案しています!(ワンコイン提案は好評のうち終了とさせていただきます。ありがとうございました) ・・・多忙につき資料割愛中 ■新発想のイラストも最近提供するようになりましたので、そちらもヨロシク(イラストサービス)

【日本事件簿】

  • HOME »
  • 【日本事件簿】



個人的な考えですが、日本は不正だらけだと思っています。ただ、バレていないか、犠牲者が出ていないだけここでは主に大企業、社会的影響のある組織・団体の不正を忘れないためにも記録していきたいと思います(とりあえず2010年あたりから、暇をみて更新)。

※自動車関係は最後の方にまとめてます。

 

 

【2024年】

4月「IHIの子会社 IHI原動機」「燃費の試験データ改ざん」 ⇒ 船舶用のエンジンの燃費に関わる試験データを改ざんし、出荷。 調査対象の2003年以降で、出荷した船舶用エンジン4881台のうち、約9割の4215台で「燃費消費率」を改ざん。  一方で1980年代後半から不正があったという証言もある。 さらに長期間で不正があった可能性も!

 

■保留、後日展開がありそう:3月4日発表 )日産が下請け業者に圧力 ⇒ 下請け企業約30社への支払代金を不当に減額(計約30億円)したとして、公正取引委員会が勧告する方針。中には減額分が10億円を超える下請け企業も

 

 

 

【2023年】

12月「東京海上日動火災保険」「損害保険ジャパン」「三井住友海上火災保険」「あいおいニッセイ同和損害保険」の4社に「業務改善命令」 ⇒ 「共同保険」で企業向けの保険の保険料を事前に調整していた疑い。 独占禁止法に触れるリスクもあり、認識の甘さを金融庁が指摘! 一斉に業務改善命令がでたのは、2007年以来16年ぶり。

 

 

まとめて ) 「カエル混入事件」 ⇒ 5月:丸亀製麺(シェイクうどん) 、 11月:サイゼリヤ(サラダ) 原因として野菜・レタスに紛れていた可能性

 

 

11月 ) LINEヤフー 「約40万件 個人情報流出」 ⇒ 関連企業の従業員のパソコンがマルウェアに感染したのが原因で、そこから不正アクセスが行われた。 口座・クレジット・トーク内容などの個人を特定できる情報は含まれていない。 また、2次被害のおそれがあるユーザーには個別連絡。

 

 

10月 ) NTT西日本 子会社 NTTビジネスソリューションズ 「約900万件 個人情報流出」 ⇒ NTTビジネスソリューションズのコールセンターシステムの運用保守を担当していた元派遣社員が、2013年から、委託元の自治体や企業の個人情報 約900万件をUSBメモリーで不正に持ち出し流出させていた。一部は名簿業者にも転売。

 

 

10月 ) 「沢井製薬」「胃炎治療薬で検査不正」 ⇒ 後発医薬品大手の「沢井製薬」で、品質確認の試験の不正を発表。九州工場でつくられたテプレノン(50ミリ)。 別のカプセルに詰め替えて、溶出試験を実施。 新しく配属になった試験担当者が気づく。発表前の7月から自主回収。

 

 

9月後半 ) NHK「個人情報漏洩」 ⇒ NHK放送センターの業務用サーバーが、外部から不正アクセスを受け、「2万3435人」の個人情報が漏洩した可能性がある。 主にNHK職員やスタッフの情報が漏洩。

9月後半 ) NHK「不正経理(不正経費請求・業務上横領)」 ⇒ エース的な記者が、個人的な飲食、飲み会などを経費として請求。年間300万円とも。 まだ調査中で今後正確な情報・数字が出てくると思うが、くだらないので更新はもうしない。

 

 

7月頃からテレビでも連日放送 ) ビッグモーター問題「次から次と色んな情報がでてきて、一体どれだけの犯罪・不正行為があるのか全くの未知数。 件数だけで言えば、これまでの日本の不祥事の中でもトップクラスになる可能性も」

 

 

いずれ大問題に発展するかも:テレビで見たのは3月 ) 全国の農協(JA)「JA共済の全国的不正」 ⇒ TBSのテレビで見たが、上司からの過剰なノルマにより、「自爆契約」「自腹契約「不正販売」・・・色んな言われ方をされている不正な契約! 簡単に言えば、満期の前に契約を解除し、その解約返戻金を悪用して、再契約をする。
告発者も多く、農林水産大臣も徐々に動き出しそうな気配。本気で全国の実態を知らべれば、とんでもない金額や件数になる可能性もある

 

 

3月31日発表 ) NTT docomo(ドコモ)「最大529万件の個人情報流出」 ⇒ 業務委託先の企業のPCから流出したとみられる。 「ぷらら」や「ひかりTV」の契約者情報が最大で529万件流失したおそれ。
毎度のことだが、不正利用は確認されてないとの説明・・・・ふざけるな! 犯罪者がわざわざどこから流出した情報か説明してくれるのか! 

 

 

3月30日発表 ) 関西電力、中国・中部・九州電力の4社「事業者向けの電力販売でカルテル」 ⇒ それぞれの電力会社が関西電力と顧客を奪わないように調整=カルテル【独占禁止法違反(不当な取引制限)】。あわせて過去最高の1000億円の課徴金 ただし、関西電力は最初に自主申告したため免除。

※しかし、そもそもカルテルを持ちかけたのは関西電力で、その首謀者が自主申告で免除? 自作自演? 他電力会社への悪質・卑劣な妨害行為? なんか全く腑に落ちない決着の仕方

 

 

2月時点 ) 関西電力、東北電力、九州電力、四国電力、中部電力、中国電力「顧客情報不正閲覧」 ⇒ 新電力の新規参入事業者の顧客情報を不正に盗み見! 去年末に関西電力で発覚し、約1000人が、約4万件の不正閲覧(違法性を認識する人もいたし、新規参入事業者側からは「やっぱり」という声も)。 この時点で、沖縄、北陸は調査中で、東京・北海道は「問題なし」と回答。 「電力自由化の公正な競争を揺るがす事態」で大企業による非常に悪質な行為!

 

2月 ) 大丸別荘(福岡県:昭和天皇も利用した伝統と老舗の温泉旅館)「条例違反 など」 ⇒ 条例では週に1回以上のお湯の交換をしなければならないが、大浴場は年2回だけしか交換していなかった、塩素も適切に使用せず。 残念な事に、前社長(問題発覚後、辞任した当時の社長)が3月に自殺し遺体で発見される! 【個人的感想】嘘つきだらけの人間よりも、この正直な社長の方が個人的には信用できる。死ぬ覚悟があるのであれば、前向きに全国の同じような業種に対して、氷山の一角にならないよう、啓蒙活動をしてほしかった!

 

1月28日発表 ) 松野官房長官の秘書 「酒気帯び運転」で摘発 ⇒ 27日 千葉県内の居酒屋で飲酒し、自宅に車で返る途中に職務質問で発覚。 ⇒ 一応辞表提出するらしいが、事実上のクビ

 

 

 

【2022年】

11月 ) 古川宇宙飛行士「データの捏造・改ざん」 ⇒ 最初テレビで一報を見た時は、「何やってんだ」と思っていたが、実際には、そのグループの話。しかし、数多くのねつ造や改ざんが行われていた模様。

 

 

10月 最新情報として) 三菱電機「不正検査」 ⇒ 全国22の製作所のうち、17製作所で197件の不正。電力システム製作所では、1991~2016年まで不正。

 

 

6月) 東京インテリア「立ち入り検査(独占禁止法違反の疑い)」 ⇒ 公正取引委員会が6月23日に、「独占禁止法(優越的地位の乱用)」の疑いで立ち入り検査。 取引先従業員を無償で働かせたり、協賛金を支払わせたり。(2023年10月に検索したが、最新情報を見つけられなかった)

 

4月) 東証1部上場「神東塗料(兵庫県尼崎市)」「不正で認証取得、認証指定外の薬品を使用」 ⇒ 「K139規格取得時に、不正で認証を取得」「K139規格認証品に、指定外の原料を使用」 スクショで保存していたのを思い出して投稿、遅くなったので、詳細は割愛(というか全く記憶にないのと、今ネットで見てもややこしい)

 

3月)4日 SMBC日興証券本社(三井住友フィナンシャルグループの100%子会社)強制捜査 ⇒ ちょうどテレビを見ていてNHKでニュース速報まで流れた。金融商品取引法違反の相場操縦の疑い
3/24 副社長も逮捕。 今後事件は進展していくだろう。

 

 

2月頃) 熊本県の「産地偽装・アサリ偽装」 ⇒ 農林水産省が2021年10月~12月末の熊本県産アサリをサンプル調査しDNA分析したら97%が中国や韓国などの外国産の可能性が高いと判定。
というか、20年以上前からとか、他の県でもとか、とんでもない日本中の大問題であり、でもこれが日本人の本質のような気もする ⇒ バレなきゃ何をしてもいいし、中国と違うのは不正が巧妙

 

 

【2021年】

2020年4月以降、コロナの提案に忙しくなり、バタッと更新が止まっている。今年も半年過ぎたが、遡ってもできるだけ記録していきたい

9月)29日 トヨタ不正車検 11社12店舗 ⇒ レクサス販売店の不正車検をうけ全国一斉点検をした結果。
⇒ 10月20日 国土交通省が7店舗を行政処分したと発表

8月)2020年2月に発覚した日本原子力発電(日本原電) 敦賀原発2号機の再稼働の提出資料で無断で80ヵ所のデータの書き換え問題 → 規制委員会が敦賀原発の審査中断を決定

 

5月)21日 メルカリ不正アクセスにより約2万8000件の個人情報流出 ⇒ 外部のコードカバレッジツール「Codecov」への不正アクセスにより、2万7889件の顧客情報・個人情報が流出

 

4月)13日 CAPCOMが調査結果発表) 不正アクセスにより1万5649件の個人情報流出 → 初めて知ったのは2020年11月報ステを見て、「サイバー攻撃で身代金11億円」という感じだったが、今回の調査では「身代金」はおろか交渉すらしてないと発表・・・だがとても怪しい! ちなみに原因は、旧型VPN型装置へのサイバー攻撃みたいです。

 

 

 

【2020年】

12月)25日 楽天「約148万件」の企業や個人情報の流出の可能性があると発表 ⇒ 簡単に言うと、システムのセキュリティに不備(ミス)があり、外部からも見られるようになっていた!
「楽天市場:138万件」「楽天Edy:8.9万件」「楽天カード:1.5万件」の合計で148万件を超える企業や個人の情報が流出した可能性がある。数百件ではあるが、実際に、不正アクセスも確認している。

 

12月)7日 PAYPAY(ペイペイ)サーバーに不正アクセス「2007万6016件」の加盟店の情報流出(一般ユーザーの個人情報の流出はなし) ⇒ ブラジルからの不審なアクセスあり。 原因は「アクセス権限の設定不備」。 記事等を見る限り、単純な設定ミスっぽいがよく分からず(テレビとかでも特に見た記憶がないし)

 

3月)31日 電通元専務(高橋治之氏)資金9億円弱 ⇒ 新型コロナの問題もあり今後ちゃんと報道されるかは分からないし、現時点ではOUTとも言えない
※ただ、だから自分が言いたいことは、このオリンピックの裏の顔(漆黒でドロドロした部分)を多くの関係者・マスコミは知っているはずなのに、必ず政治と切りはなし、理想論ばかり語るのは大嫌い「オリンピック=政治」そのもの

3月)24日 イオンカード行政処分 → 「(クレジットカード)イオンカード」は、2019年の新規入会キャンペーンで、最大20%のキャッシュバックの複雑な条件を小さな文字でわかりづらい場所に記載して、キャッシュバックを受けられない事例が複数あった。
消費者庁は、「景品表示法違反(有利誤認)」イオン銀行に再発防止などを求める措置命令をだした

⇒追記:「イオンカード/不正ログイン1917件、2200万円の不正利用が判明」2019年5月28日から6月3日までの間に「なりすまし」による不正アクセス。 結果として708人の会員が約2200万円不正利用された
去年の事ですが、こんなこともあったんだということで追記

 

3月 最終報告)関西電力 75人 3億6000万円裏金 → 人数が大幅に増えたが全貌は解明しない。 以前も指摘しているが自治体、政治家などの情報がほとんど出てこないし、そもそもが「死人に口なし」、捜査権もなし
また、全国の電力会社も調査はしてみたいだが、東北電力は「常識の範囲を超える金品の受領はなかった」としている

 

 

2月)日本原子力発電(日本原電) 敦賀原発2号機の再稼働の提出資料で無断で80ヵ所のデータの書き換え → 敦賀原発2号機(福井県)の再稼働のための原子力規制委員会に提出した資料を、無断で80ヵ所の書き換えや削除を行ったことが、審査会合で発覚した

 

 

1-2月)三菱電機 「個人情報」及び「防衛装備庁」の機微な情報が流出 → サイバー攻撃により、1月20日時点では機微情報の流出はなかったとしていたが、2月10日の第2報、12日第3報告で、正式に防衛装備庁の機微な情報(防衛省が指定した注意情報)が流出したことを認める

 

1月)東芝子会社 200億円架空計上・循環取引 → 新型コロナに隠れて全くテレビで扱われなかったが、現時点で200億円だが、実際は400億円ともいわれている! ただし、活字で見てもなかなか分かりにくいので、今後の正式な発表と犯罪の本質をマスコミが報道してくれることに期待。ここではキーワードだけ。関わった会社 東芝ITサービス(東芝子会社)・日鉄ソリューションズ(日本製鉄子会社)・みずほ東芝リース・富士通電機ITソリューション・ネットワンシステムズ

 

 

【2019年】

12月 5日)象印マホービン 個人情報流出最大28万人 → 不正アクセスをうけ通販サイト「象印でショッピング」顧客約28万人に個人情報が流出。一部悪用されたという情報も。
補足)ずっと忘れていてこの情報を入力したのが、2022年4月。この段階では、新型コロナのマスク不足の便乗偽装メールにも悪用された事が判明している

 

12月 中間発表)関西電力幹部 3億2000万円裏金 → 正直この問題は、県の幹部職員にも渡っているし、捜査権のない人間がいくら調査したところで、真実は何も見えてこない。 張本人が死んだ事で、「死人に口なし」。 関電からの多額の寄付も判明し、とてつもない金額が、裏金・賄賂、まさにマネーロンダリング状態。 当然全国の原発関連で起きているだろうし、
一番謎なのは、いまだに「政治家の名前が出てこない事」。 こんなおいしい話に政治家が関与しないはずはない!・・・と自分は思うが。

 

12月)セブンイレブン 残業代未払い 約4億9000万円 → 残業代の一部が、支払われず1970年代から続いていた可能性も。 対象者は3万人以上、約4億9000万円。 給与計算式の単純ミスっぽいが、文字で説明したところで理解しにくいため割愛とする。 ただし、労基署から指摘され、ずっと公表せず隠蔽してきたことは悪質!

 

★★かんぽ不正問題 結局どれだけの問題があったのか全貌がよく分からない! → 先ず最初に、偉そうな態度で、日本郵政の長門社長がきっぱり否定していた。
・・・だがその後問題が発覚して、それぞれの社長が謝罪会見。
過去5年で、顧客に不利益を与えた18万3000件のうち、法的問題や規程違反が約6300件。
「だが結局のところ全貌はまだ分かっていない」

 

⇒ 追加報告)2020年10月 新たに490人処分 悪質な10人は懲戒解雇
顧客1人の最大の被害額1400万円(契約114件)

⇒ 追加報告)2021年3月 新たに1300人に停職や減給の処分が明らかになった
合計で3000人以上が処分される

 

 

11月)JDI(ジャパンディスプレイ) 元幹部が5億7800万円着服 → 解雇 → 自殺 (この件に関してはキーワードのみで) 官民ファンド 公的支援 不適切会計

 

11月)大手ゼネコン 安藤ハザマ 約2億5000万円の所得隠し → 原発関係の含む工事等の架空発注を繰り返していた

 

8月)外国人技能実習生が働く事業所の7334ヵ所のうち、5160ヵ所(70.4%)違法残業などの法令違反があった。悪質な19件は書類送検
⇒ 寝る前にスマホを見ていて発見、テレビのニュース番組で見た記憶はない。ニュース自体が埋もれる可能性があるので、その時の画像を添付

2019-8-8 技能実習

7月)ドラッグストア大手2社 ツルハドラッグ ウエルシア薬局 医薬品不正販売 → 正直この件に関しては詳細を割愛したい。それは今回は「氷山の一角」の可能性がものすごく高く、郵便局(かんぽ生命)ではないが、実態数は想像すらできない! 手口としては処方箋なしに薬を不正販売していた

6月)高島屋 147商品で誤表記 → 化粧品などの原産国(韓国産をフランス産だったり)を誤って表示(シャネル、グッチ、ディオールなども)。147商品は1社あたり過去最高。 消費者庁は6月13日に「景品表示法違反」にあたるとして、再発防止策を求める措置命令をだした

5月)静岡県立静岡がんセンター 2年間消毒液を交換せず → ファイバースコープの消毒液交換の不備に関するお詫び」というプレスリリースで、感染症のリスクは低い(被害の報告もない)とあったが、有効期間の14日間を2年間も交換せず放置されたら、これほど気持ちが悪いことはない

5月)NHKで、また「やらせ」発覚 → 「レンタル家族」の利用客が、実はそのレンタル家族会社が用意したスタッフだったことが発覚した。ドキュメンタリー番組「NHKワールドJAPAN」による「やらせ」

5月)リクルート 約6000万円不払い → 「消費税 転嫁対策特別措置法違反」で公正取引委員会が6484万円支払うよう勧告。リクルートは「タウンワーク」や「じゃらん」などで、記事・写真・イラスト等の提供をうけた1536の法人や個人事業主に、消費税を抜いて原稿料を支払っていた(リクルート側の担当者が指示したこともあった)。

4月)大和ハウス 約2000棟で違法の恐れ → 「建築基準法違反」の恐れ。30都府県で耐火性不十分、基礎構造不適合。なお、内部通報で発覚。

 

4月)楽天トラベル、ブッキングドットコム、エクスペディアでホテルや旅館などに対して他のサイトでより安くしないように求めた疑い → 「独占禁止法違反(不公正な取引」で、公正取引委員会が関係先の立ち入り検査を開始(4/10)。

 

2月)レオパレス21建物の壁や天井に施工不良が発覚 → 「建築基準法違反」で、1324棟に問題あり。7782人が強制退去し、住み替えが必要に。遮音性などの問題も含めると14000人以上に。そしてまだ調査中の段階でさらに増える事が予想される(2019/2/11時点)。

 

1月)厚労省「毎月勤労統計」不正が発覚。 → 2004年から東京都の500人以上は全数調査なのに、3分の1のみ抽出していた。またその他の基幹統計でも多くの不正が発覚。

 

1月)Google35億円の税金申告漏れ → シンガポールに利益移転をし税金を免れていた。はっきり言えばただの「脱税」。

 

 

【2018年】

秋:現時点でも)ほぼ全ての中央省庁裁判所等々 で3700人。37府県等で3800人。 → 障害者雇用の水増し(全国規模で、20年も前からで、第三者委員会で意図的ではないとされたが、意図的でなければここまでのスーパー改ざんにはならない)

 

3月:財務省決裁文書の改竄が発覚 → 公文書偽造(有印公文書偽造罪)、国会に対し)偽計業務妨害 の恐れ

3月:リニアの工事で談合入札 → 談合、独占禁止法、偽計業務妨害など (スーパーゼネコンの大林組鹿島清水建設大成建設。またほぼ司法取引「独禁法の課徴金減免(リーニエンシー)制度」で大林と清水の担当者は起訴を見送る)

 

2月:大手化学メーカの 宇部興産 品質検査で不正発覚 → 1990年代から不正

割愛するが)三菱マテリアル東レ旭ガラス子会社丸善石油化学・・品質データの改ざん(改竄)

 

【2017年】

10月:神戸製鋼データ改ざん発覚 → 約40年前から幹部を含めた組織的な不正(2018年3月最終報告)

 

 

【2015年】

5月:東芝不正会計が発覚 → 粉飾決算(1000億円以上)

 

 

【2014年】

タカタ製エアバッグの不具合発覚 → 2000~2008年頃から不具合を知りながら隠蔽(900億円賠償、1.7兆円負債)

 

⇒ 【2020年】10月13日 後継会社の「ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン」がシートベルトの検査データ改ざん

 

 

【2012年】

ベアリング大手日本精工・NTN・不二越公正取引委員会が告発 → 価格談合カルテル

 

 

【自動車メーカー関係まとめて】

(あくまでちょっと検索したら出てきた案件です。これ以外にもありますし、あのトヨタやHONDAは見かけませんでしたが、ちゃんとやってるのか?それとも告発すらできない環境なのか?・・・どちらなんでしょうか?

トヨタ 2020年 不正車検 レクサス販売店で不正車検⇒国交省が7店舗を行政処分

 2024年1月特別調査委員会の発表 「豊田自動織機」 数多くの不正を発表!(以下が詳細)

・2007年~2020年 累計23万3000台
フォークリフト、建設機械用エンジンの排出ガス性能に関する国内認証に法規違反認証時の試験で、実測値と異なるデータを使用、試験中に部品交換、 抜き取り検査を規定通り実施せず、その際に異なる制御ソフトの使用
・ざっくり2017~2022年
自動車用エンジン 申請手続きの際に不正なデータを提出。ハイエース、グランエース、ランドクルーザーなど、販売台数8万4000台

ニッサン(日産) 排ガス・燃費検査データ改ざん

スバル     排ガス・燃費検査不正 ブレーキ検査不正

SUZUKI     排ガス等検査不正

マツダ     排ガス等検査不正

三菱自動車   燃費不正

日野自動車   エンジン燃費試験などのデータ改ざん 2022/8
3月には平成28年からと公表・説明。国交省の調査にまで虚偽報告。実際は約20年前から不正。

おまけ)テスラ(イーロン・マスク)   過去最大200万台リコール  2023/12
高度運転支援システム「オートパイロット」の機能が不十分で衝突リスクを高める可能性あり。

 

 

PAGETOP
Copyright © 提案JAPAN(提案ジャパン) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.