以前から気になっていたが、つい先日も見てしまった。

 それは、車の運転席の運転者の前に大型犬がいたことである。これ以外にも、助手席から犬が顔を出すシーンを、街中でも、テレビ(特に媒体は覚えていないが)でも見かける。

  ちょうど「アクサダイレクト」のCMも同じようなシーンがある。

 

 

 提案する理由としては、携帯電話ならちょっとした動きでも、警察が見つければ鬼の形相でそれを取り締まる。 確かに、携帯電話の危険性は理解できるが、そうであれば動物に全く危険性はないのだろうか?

それは、あまりにもバランスを欠いていないだろうか?

 そして、一定の年齢以下にもチャイルドシートが義務(確か義務)づけられている。

 だとすると、さらにおかしいと感じる。人間の子供は暴れても、動物は一切暴れることはないのか?

 

⇒ 別に動物を乗せるなという事ではなく、ゲージ(カゴ・ハウス)などに入れるみたいな法律を作ればいい(ただし、政治家や官僚がアホみたいに作るのではなく、しっかりと専門家の意見を聞き、動物の生態、運転の実態に沿ったルールを作ればいい。

 

◆いずれ「車に乗っていたペットが暴れたせいで事故を起こして、人をはねてしまった」みたいな現実が起きる前に、しっかりと考えてほしい