色んな提案しています!(ワンコイン提案は好評のうち終了とさせていただきます。ありがとうございました) ・・・多忙につき資料割愛中 ■新発想のイラストも最近提供するようになりましたので、そちらもヨロシク(イラストサービス)

独孤伽羅

  • HOME »
  • 独孤伽羅

 

 

独孤伽羅

 

 

感想

率直な感想としては、「麗王別姫」を上回る感想はやっぱりなかった。 結局、何を伝えたいのかがよく分からなかった。 独孤伽羅は、本当はどちらの男を好きだったのか? それも最後まで分からなかった。 何より、独孤伽羅が「上戸彩」に似ていた♪
たびたび「曹操」の話もでるので、当然三国志の後の時代。当時の中国(ネットもない)で、あれほど広い国で、曹操の話がしっかり国中に伝わっているのはすごいと感じるし、おそらく伝聞、伝聞で誇張された話になっているのではとも思う。

 

 

勝手に推測

これまでと違い、子供(後継者)が多すぎて殺し合いではなく、逆に子供(後継者)がいなくて、子供を陛下にするなど、無謀な事も行われた。 結局、子供が多ければ殺し合い、でも善良な人間が生き残るとは限らない!
子供が少なければ、その子供の資質に全て左右され、善良であればいいが、極悪かもしれない。選択肢がなく運任せ! いずれにしても、非合理的であるが、別に今の民主主義もベストだとも思えない。
民主主義から、ヒトラーも生まれるし、トランプも生まれた!

 

 

まとめ

南北朝時代 北周~隋の時代で、「楊堅」が「隋」の初代皇帝になるまでの話。
独孤信(丞相)の娘3人が全員皇后に ドラマではほぼ曼陀が悪者になっていたが、実際はもっとカオスな状態だったのではと感じる。
周 明帝の妻 明敬皇后 独孤般若
隋 文帝の妻 文献皇后 独孤伽羅
唐 世祖の妻 元貞皇后 独孤曼陀

PAGETOP
Copyright © 提案JAPAN(提案ジャパン) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.